【健康づくり学習・笑いヨガ!!】

10月26日(月)真新しい素敵な嘉島町民会館の会議室で、嘉島町第4回高齢者・婦人合同学級「健康づくり学習・笑いヨガ体験」に招かれました。

退院後初めて90分の講演会で不安でしたが、安藤・高田・西嶋リーダーの心強いサポートを受けながら「笑って健康になりましょう!!」と題して、笑いの素晴らしさを伝えることが出来ました。

(皆さんから逆に元氣パワーをいただきました!!)

高田リーダは荒尾市小岱山日蓮宗妙功寺の住職で、8月にリーダーになられたばかりです。 素晴らしいリードで皆さん大いに笑っておられました。

(さすが!和顔施(わがんせ)ですね!!-和やかで優しい顔つきで人に接すること。-​)

また、皆さんから素敵な情報をいただきました。

当日の朝NHKで笑いヨガをやっていたと話されていたので早速検索しました。 やっぱり笑いは最高ですね!!(^0^)

『ふだんほとんど笑わない高齢者は、よく笑う高齢者と比べて、健康状態が悪いと感じる人­が1.5倍以上に上ることが、千葉大学などの研究グループの調査で分かり、研究グルー­プは「笑い」が健康に役立つ可能性を示すものだとしています。高齢者の健康問題について研究している千葉大学や東京大学などのグループは、全国の6­5歳以上の高齢者2万人余りを対象に、笑いと健康状態の関係について調査しました。日常生活で声を出して笑う頻度を尋ねたところ、「ほぼ毎日」と答えた人は男性で38%­、女性が49%で、「ほとんどない」と答えた人は男性で10%、女性で5%でした。次に、笑いの頻度に応じて健康状態を分析すると、「ほとんど笑わない」人が「健康状態­が悪い」と答えた割合は、「ほぼ毎日笑う」場合と比べ男性で1.54倍、女性で1.7­8倍になりました。従来の調査で、「健康状態が悪い」と答える人はその後寝たきりとなる割合や死亡率が高­くなることが分かっていて、研究グループは「笑い」が健康に役立つ可能性を示すものだ­としています。千葉大学予防医学センターの近藤克則教授は「笑いと健康の密接な関係が示された。メカ­ニズムについてはさらに調べる必要があるが、高齢者は笑いを心がけてほしい」と話して­います。』

皆さんから素敵な感想をいただきました。 Q1:本日の笑いヨガ講習会・講演会は如何でしたか?率直な感想をお書きください。

*笑いがこんなに楽しいことをあらためて思いました。 *笑って健康になること、ありがとうの感謝を学び、参加してよかったと思います。 *いつもよほどの事がない限り笑うことはあまりありませんでした。体もポカポカしてき  て、心も体も元気に、かるくなりました。 *笑いヨガ、どんなヨガだろうと思い参加しました。簡単に笑いが出る、こんな人生を送り  たいです。 *これからの毎日の生活に生かしていきます。 *二人の生活で、笑いが少ないなか、今日は、笑いについていろいろ勉強し、とても楽しか  ったです。 笑いのある人生を目指し頑張ります。 *毎日の生活に笑いを取り入れて明るい家庭にしたいと思います。 *笑うという事は、人を変えると思います。家庭でも、つねに笑を作りたいと思います。 *笑いがどれだけまわりと自分を幸せにするかが分かりました。 *笑いを忘れず、一日5回の感謝を毎日続けてみようと思います。 *先生は退院され1回目と聞き、身体の方が心配で、参加させていただきました。笑うこと  はとても良いと聞いていましたが、今後も努力して笑っていきたいと思います。ありがと  うございました。 *日頃は笑を忘れた自分を取り戻したようで、明日からは笑いの輪を広げたい。 *とても良かったです。今後老人会例会などでもとり入れたらいいと思いました。 *笑が少ない家庭ですので、今日から実践したいと思います。 *「笑顔は家庭を明るくする」思い出して、大いに笑いたいと思います。孫にもダメダメで  なく、笑っ て接することに気をつけたいと思います。 *笑が今迄不足していたと感じました。 *1人暮らしなので話す相手もおらず今日は腹一杯笑えて楽しかったです。 etc

Q2:ご意見・ご質問がありましたら、ご自由にお書きください。

*これからも体を大切にして、広めていって下さい。今日はありがとうございました。

*笑いの大切さが良くわかりました。毎日の生活に取り入れ、家族を明るくしたいです。

*みんなに伝えたいと思います。

*本日の講演会どうもありがとうございました。

*嘉島町も笑いヨガの教室を開いてほしい。

*又の機会を楽しみにしております。 etc

(笑い声が会場一杯に響き渡りました!!)

(笑いに人集う!!素敵な仲間達に心から感謝です!!)

熊日新聞11月3日(火)の朝刊に熊本県薬剤師会の公開講座の記事に「笑うことで免疫力が上がる。笑いながらコミュケーションを取ることも大事」と書いてありました。 微力ですが、笑いのパワーを多くの方々に広めたいと心新たに決意しました。

(いとこの娘が、嘉島町教育委員会で働いているので一緒に参加してくれました。)

最後まで、読んでいただき心から感謝です。

皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。

合笑

お問い合わせ先:info@warai-yoga.org

Facebook https://www.facebook.com/kumamoto.waraiyoga

「いいね!」をお願いします。

#笑いヨガ講演会

特集記事
記事一覧
アーカイブ
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

笑いヨガイベントの最新情報をお届け

arrow&v
もっと見る
​熊本地震の現状報告及びご支援のお礼

4月14日(木)の前震から、きょうで半年です。未だに収束しない地震も4,000回を超えるました。
先日は、阿蘇中岳の爆発的噴火に見舞われ、自然の猛威に翻弄されています。
でも、どんなに苦しくても笑って耐えるしかありません。

「つらい時こそ、笑って!」をスローガン掲げ、仲間達と力を合わせて笑いで顔晴(頑張)ています。

 

地震発生直後から、全国の皆様から激励の言葉や支援物資並びに支援金をいただき厚く御礼申しあげます。
皆様の温かい心にただただ感謝するばかりです。本当にありがとうございます。

 

皆様のお心を大切に私たちに出来る範囲で支援活動を行っています。

避難所や仮設住宅に出向いて「笑い炊き出し」や他のボランティア団体とコラボして活動をしています。
その度に参加された皆さんから、久しぶりに笑いスッキリしたと笑顔で言っていただき私たちが逆に元氣をもらっています。笑いのパワーを実感する日々です

 

何時収束するのか先が見えませんが、復興に向けて笑いで顔晴ります。

復興は始まったばかりです。
今後とも皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

なお、くまもと笑いヨガ倶楽部の活動状況はHPやFBでご確認ください。

合笑


平成28年10月14日​
くまもと笑いヨガ倶楽部代表 西 嶋  敏



 

​ 

  • c-facebook

Copyright(c) 2012 KUMAMOTO WARAI YOGA CLUB All Rights Reserved.