【熊本県重症心身障害児(者)を守る会】

4月25日(土)「平成27年度定期総会での記念講演会」に招かれ、「笑って元気になりましょう!by笑いヨガ」~ココロすっきり!カラダすっきり!~の演題で、40名程の皆さんと楽しく笑いました。(^0^)

今回は、私自身とても勉強になりました。

「人と人をつなぐ笑いヨガ」

笑いヨガの意味は、無条件の笑いによって人をつなぐことなので、共に笑うグループの参加者は国や文化、言語、生活様式などの違いを超えて、すぐに仲間になる。

笑いヨガは共に笑う人々の間に強い連帯感をもたらし、家族のような絆を構築する。そこから、人が幸せだと実感するために必要な、社会的な交流やネットワーキングの可能性が生まれる。笑いヨガの目標は、先入観をなくし、心と心のつながりをつくることだ。

それこそが、ヨガの真の意味なのである。

笑いヨガ創案者のDr.カタリアの言葉を噛みしめました。

命と笑顔を守るために…笑いを通じて世界平和の実現を目指しましょう!!

◆◆最後に重症心身障害児(者)を守る会について説明します。◆◆

*熊本県重症心身障害児(者)を守る会とは、重度の肢体不自由と重度の知的障害を併せ

 持った重い障害の子どもたちの幸せを願って活動している保護者の会です。構成として

 は、障がい者支援施設(重症心身障害施設4施設)に入所している保護者と在宅で生活

 している重症児・者の保護者です。-岩崎事務局長の文より-

*全国重症心身障害児(者)を守る会とは、昭和39年6月に結成、以来、半世紀がたち

 ました。「最も弱いものをひとりももれなく守る」との理念のもとに、重症心身障害児

 (者)の福祉向上を訴え、医療を求め、教育を願って在宅や施設での活動を続けて今日

 に至っています。

 私たちの活動は、どんなに重い障害があっても人間として尊重され、あたりまえに暮ら

 せる幸せを願う親たちの気持ちが原点にあります。

 私たちは、子どもの命を守り、わずかな成長にも喜び、また、子どもから学びながら、

 親自身も成長しようと誓い合い、今日も活動を続けています。

 守る会は、全国を8ブロックに分け、各都道府県ごとに支部を設置し、熊本県重症心身

 障害児(者)を守る会は、本部活動と連携して、熊本県支部として活動しています。

 -熊本県重症心身障害児(者)パンフレットより-

お問い合わせ先:info@warai-yoga.org

Facebook https://www.facebook.com/kumamoto.waraiyoga

「いいね!」をお願いします。

#笑いヨガ講演会

特集記事
記事一覧
アーカイブ
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

笑いヨガイベントの最新情報をお届け

もっと見る
​熊本地震の現状報告及びご支援のお礼

4月14日(木)の前震から、きょうで半年です。未だに収束しない地震も4,000回を超えるました。
先日は、阿蘇中岳の爆発的噴火に見舞われ、自然の猛威に翻弄されています。
でも、どんなに苦しくても笑って耐えるしかありません。

「つらい時こそ、笑って!」をスローガン掲げ、仲間達と力を合わせて笑いで顔晴(頑張)ています。

 

地震発生直後から、全国の皆様から激励の言葉や支援物資並びに支援金をいただき厚く御礼申しあげます。
皆様の温かい心にただただ感謝するばかりです。本当にありがとうございます。

 

皆様のお心を大切に私たちに出来る範囲で支援活動を行っています。

避難所や仮設住宅に出向いて「笑い炊き出し」や他のボランティア団体とコラボして活動をしています。
その度に参加された皆さんから、久しぶりに笑いスッキリしたと笑顔で言っていただき私たちが逆に元氣をもらっています。笑いのパワーを実感する日々です

 

何時収束するのか先が見えませんが、復興に向けて笑いで顔晴ります。

復興は始まったばかりです。
今後とも皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

なお、くまもと笑いヨガ倶楽部の活動状況はHPやFBでご確認ください。

合笑


平成28年10月14日​
くまもと笑いヨガ倶楽部代表 西 嶋  敏



 

​ 

  • c-facebook

Copyright(c) 2012 KUMAMOTO WARAI YOGA CLUB All Rights Reserved.